読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

神の忍耐

ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。 (‭ペテロの第二の手紙‬ ‭3‬:‭9‬ JA1955)…

罪に対して死んだ者

わたしたちは、この事を知っている。わたしたちの内の古き人はキリストと共に十字架につけられた。それは、この罪のからだが滅び、わたしたちがもはや、罪の奴隷となることがないためである。 (‭ローマ人への手紙‬ ‭6‬:‭1-2, 6‬ JA1955)もしわたしたちが、キ…

患難をも喜ぶ信仰とは

それだけではなく、患難をも喜んでいる。なぜなら、患難は忍耐を生み出し、 忍耐は錬達を生み出し、錬達は希望を生み出すことを、知っているからである。 そして、希望は失望に終ることはない。(‭ローマ人への手紙‬ ‭5‬:‭3-5‬ JA1955)パウロはこの言葉を、神…

神との平和

このように、わたしたちは、信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストにより、神に対して平和を得ている。 (‭ローマ人への手紙‬ ‭5‬:‭1‬ JA1955)今日のお話しは、義とされた事による祝福についてです。以前の私たちは、神を神と認め…

イエスキリストを信じる信仰による神の義

しかし今や、神の義が、律法とは別に、しかも律法と預言者とによってあかしされて、現された。 それは、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、すべて信じる人に与えられるものである。そこにはなんらの差別もない。 (‭ローマ人への手紙‬ ‭3‬:‭…

救いとは何か

わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。 (‭ローマ人への手紙‬ ‭1‬:‭16‬ JA1955)今日から、ローマ人への手紙をベースに、信仰の基礎をもう一度学びたいと思います。今日のお話は…

わたしだ、恐れる事はない

すると、イエスは彼らに言われた、「わたしだ、恐れることはない」。 (‭ヨハネによる福音書‬ ‭6‬:‭20‬ JA1955) (16-21節を読んでください)この箇所は、イエス様が湖上を歩かれた箇所です。注目すべき点は、二つあります。この出来事が5000人のパンの奇跡の後…

詩篇から見る祈りのモデル

しかしわたしはあなたのいつくしみに信頼し、わたしの心はあなたの救を喜びます。 (‭詩篇‬ ‭13‬:‭5‬ JA1955)今日は、詩篇13篇を味わいましょう。短いですから、この記事を頼りに読んでみてください。今日の詩篇は、主への訴えから始まります(1-2節)。いつま…

愛について考える

たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。 (‭コリント人への第一の手紙‬ ‭13‬:‭3‬ JA1955)今日は、愛について考えたいと思います。今日の箇所の前半と後半は…

神を過小評価していないだろうか

ヨハネによる福音書の6章にある、5000人のパンの奇跡を読みました。私は、神の力を過小評価していないだろうかと探られます。日常生活を送っていると、「神様はこうしてくださるはずだ」という期待と、実際のギャップに苦しむ事があります。僕の就職だって、…

エゼキエル書の裁きから見る、神の恵み

エゼキエル書とかエレミヤ書とか、捕囚前後に書かれた書物からメッセージを読み取るのは、結構難しいことです。 あまりにも裁きに関する預言が多くて、思わずそっとページを閉じてしまいそうです。 しかし、次の二点において、神の恵みを読み取れるのではな…

エゼキエル書 4章 「エルサレム崩壊の預言」

人の子よ、一枚のかわらを取って、あなたの前に置き、その上にエルサレムの町を描きなさい。 (‭エゼキエル書‬ ‭4‬:‭1‬ JA1955) 今日の箇所は、エルサレムの崩壊が預言されています。エゼキエルがこの預言を受けた時は、まだ王族など上層部の一部がバビロンに…

エゼキエル書 3章 「巻物を食べたエゼキエル」

彼はわたしに言われた。「人の子よ、あなたに与えられたものを食べなさい。この巻物を食べ、行ってイスラエルの家に語りなさい」。 (‭エゼキエル書‬ ‭3‬:‭1‬ JA1955) 2章の最後で、神様は、エゼキエルの前に一つの巻物を差し出しました。この巻物は、「その…

エゼキエル書 2章 「エゼキエルの召命」

彼はわたしに言われた、「人の子よ、立ちあがれ、わたしはあなたに語ろう」。 (‭エゼキエル書‬ ‭2‬:‭1‬ JA1955) 今日の箇所は、エゼキエルの召命が書かれています。彼というのは、一章で出てきた幻、つまり主御自身です。主御自身が、エゼキエルに「立ち上が…

エゼキエル1章 「神が強くしてくださる」

第三十年四月五日に、わたしがケバル川のほとりで、捕囚の人々のうちにいた時、天が開けて、神の幻を見た。 (‭エゼキエル書‬ ‭1‬:‭1‬ JA1955) 最近、エゼキエル書からメッセージを書いています。そんなわけで、このブログにも軌跡を残しておこうと思います(…

不安に対する処方箋

さて、今日は「不安」についてお話ししましょう。 私は、時々不安になります。特に仕事ではそうですね。 今の仕事は、納期がしっかりと決まっていて、それまでに仕事を終わらせる必要があります。そして何故か、その納期までに仕事を終わらせるようにチーム…

人と違うということへの恐れ

あなたは、「人と違う」ことに恐れを感じますか? 私は、かつて「人と違う」ということに、非常な恐れを感じたことがありました。 ご存じの通り、私は見た目からして「人と違う」人間です(私はメビウス症候群で、顔面神経麻痺のため、人とはだいぶ違う外見…

試練について

/********** この文章は、以前私が、私の愛する人に送ったメールである。送ったままにしておくのはもったいないので、少し編集して再掲載することにした。 もう少し付け加えておくと、これは私が就職してから間もない頃に書いたメールである。なかなか就職が…