読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

エゼキエル書 5章 「神の厳格な裁き」

あなたのもろもろの憎むべき事のために、わたしがまだした事のないような事、またこの後ふたたびしないような事をあなたに対してする。 (‭エゼキエル書‬ ‭5‬:‭9‬ JA1955)

前回に引き続き、イスラエル民族に対する厳しい裁きの預言が書かれています。

今日の箇所では、エルサレム包囲後に起こる悲劇を預言しています。

前回同様、預言は象徴的行為を通してされています。今日の箇所では、エゼキエルの毛を剃り、それを焼いたり切り裂いたり、散らしたりする事によって、イスラエルへの裁きを預言しています。

罪に対する神様の裁きは、非常に厳格です。

しかし、これは裏を返せば、赦しも徹底していると言えないでしょうか。

今日の箇所を含めて、旧約聖書で預言された裁きは、後で神ご自身が撤回されない限り必ず成就しています。

同じ主が、新約において赦しを宣言されたなら、それも必ず成就すると信じるのが当然です。

このように、イエス様の十字架と復活をより確信を持って信じるには、旧約聖書の学びは不可欠だと思います。

今後も、少しずつ、学びを深めて行けたらと思います。

どうか、主がこの取り組みを祝福してくださるように。