読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

エゼキエル書 8章 「ねたみをひき起こすねたみの偶像」

そこには、ねたみをひき起すねたみの偶像があった。 (‭エゼキエル書‬ ‭8‬:‭3‬ JA1955 抜粋)

今日の箇所は、前回から1年半程経った、捕囚から6年目の出来事です。

この章で、エゼキエルは神の幻のうちで、エルサレム神殿で行われていた偶像礼拝を見ました。

これは、ひどい堕落です。

この状況を見て、神様は怒ると同時に、ねたみを覚えられました。

ここで言うねたみとは、夫婦関係におけるねたみに似ています。夫や妻が他の異性と姦淫したのを妬むのは、正しい事です。

イスラエルの人々は、霊的姦淫の罪を犯したのです。

ねたみは、愛が深ければ深いほど大きいものです。主はイスラエルを特別に愛しておられましたから、そのねたみと裁きも大きかったのです。

しかし驚くべきことに、神様は一旦は裁かれますが、次の世代やその次の世代では、再び恵みを増し加えてくださるお方です。

その極みが、御子イエスの受肉と十字架による罪の赦し、復活と昇天です。

主の愛は変わることがありません。一時的に神様が見えなくなるような状況に置かれても、主はイスラエルを見捨てなかったように、決して私たちを見捨てることはありません。

今日も、この恵み深く、愛なる神様にお従いして歩みましょう。