読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

救いとは何か

わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。 (‭ローマ人への手紙‬ ‭1‬:‭16‬ JA1955)

今日から、ローマ人への手紙をベースに、信仰の基礎をもう一度学びたいと思います。

今日のお話は、「救いとは何であるか」です。

聖書における救いとは、過去・現在・未来における救いを総称したものです。

過去の救いとは、罪の裁きからの救いです。私達は原罪の故に、本来は裁かれて滅ぶべき存在でした。

これに対する赦しは、イエス様が十字架上で「完了した」と仰った時、文字通り完了したのです。

現在の救いとは、罪の奴隷からの解放です。私達は、以前は「罪を犯さずにはいられない」性質を持っていました。

しかし、イエス様の十字架の血潮によって、この罪がきよめられ、罪の奴隷から解放されたのです。つまり、「罪を犯さずにはいられない」状態から解放されたのです。

未来の救いとは、天国において罪から完全に救われるという救いです。

罪からの救いは、現在進行形の救いです。天国においてこの救いが完成し、私達は本来の姿を取り戻すのです。

これから何回かに分けて、それぞれについて詳しく学ぼうと思います。

この学びが祝福され、救いの確信を新たにできますように。