読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

38年間病気だった人の癒し

イエスはその人が横になっているのを見、また長い間わずらっていたのを知って、その人に「なおりたいのか」と言われた。 (‭ヨハネによる福音書‬ ‭5‬:‭6‬ JA1955)

今日の箇所は、38年間病気を患っていた人の癒しです。

彼は、ベテスダの池というエルサレムにある池の側で横になっていました。

この池は、水が動く時に入るとどんな病気でも癒されるということで有名でした。ですから、この池の周りには、エルサレム中の病人がいたのでしょう。

この男もその一人でしたが、彼はなかなか真っ先に水に入る事ができなかったようです。

彼は、半ば諦めていました。イエス様が「なおりたいのか」と尋ねた時も、すぐに「治りたい」と言わず、あれこれ理由を並べて治らない事の言い訳をしています。

彼が諦めかけていたのも、無理はありません。目の前で治っていく人が沢山いるのに、自分はいつまで経っても治らないのですから、絶望的になるのは当然でしょう。

そんな彼に、イエス様は癒しを宣言され、彼は癒されたのです。

私達の生活の中でも、この男のように絶望に支配される時があります。聖書のみ言葉を読んでも、あれこれ理由をつけて、素直に受け入れられない時があります。

そんな時でも、今日の箇所のように、イエス様が直接私達に語りかけてくださるのです。ここに、み言葉の力があります。

今日も、イエス様が語りかけてくださる声を、耳をすまして聞く1日でありますように。