読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

惚気話を笑うものは惚気話に泣く

「君は惚気話が好きか?」

目の前に座っているあまりさえない男が、突然口を開いた。彼は工業高専を卒業後、高専専攻科なるマニアックな進学先を選び、修了した今は地方の工場で働いている。

どこにでも居ると言えば語弊があるが、特記するほどの実力がある訳でもない、一般的な社会人だ。

ただ一点、彼には欠点があった。

「君の惚気話なんて、聞きたくもないけど」

僕はそう答えたけれども、彼にはその思いが届かなかったようだ。

「それならちょうど良い。惚気話を始めよう。」

彼の欠点は、人の話を聞かないことである。

「実は昨日、彼女を連れて実家に帰ったんだ。」

「両親へのウケは良くて、終始和やかな雰囲気だったんだ。」

彼は話したいことを、少し吃音気味な口調で、矢継ぎ早に話している。

「それから僕の母校がある街に行って、ついでに母校も紹介してきたんだ。」

彼の母校は、県境の山奥にある。あんな所に連れて行かれて、彼女は反応に困っただろう。

「とにかく、この二日間は良い日だった。」

やっと話が終わった。僕は気づかれないようにため息を漏らしつつ、彼に意地悪な質問を投げかけてみる。

「それって、いわゆる面接に良くあるお客さん対応じゃない?不合格フラグみたいな」

彼や、彼の彼女をけなすつもりは無く、ありのままの感想を述べてみた。

「顔合わせに合格も不合格もあるか」

彼は、まじめな顔でそう答える。

「いいか。僕は彼女を愛しているんだ。両親が悪い印象を持ったところで、それは今から二人で協力して、挽回してみせるさ」

彼は、こういう聞いている方が恥ずかしくなるような話を、平然と語る。彼は惚気話をしようとしていない時でも、惚気話をしているのである。

「今、惚気話しやがってと思ってるだろ?いいか。惚気話を笑うものは、惚気話に泣くんだ。」

なるほど僕は、最近惚気話を話す機会がない。そういう物を恥ずかしがっていて、前につきあっていた人にも、愛している事を伝えていなかった気がする。

彼は時々、核心を突いた発言をする。今回の所は、彼の惚気話を素直に聞いておこう。

「それでな、彼女はこう言ったんだ...」

彼の惚気話は、その後も1時間ほど続いた。

-end-