読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

創世記1:3

神は「光あれ」と言われた。すると光があった。(口語訳)

神は仰せられた。「光があれ。」すると光があった(新改訳)

Then God said, “Let there be light”. (NKJV)

ワードスタディー

文脈

天地の「再」創造。その一日目。2節と時間的連続性があると考えられる。

「言われた」という言葉の意味

  1.  原文: "way-yō-mer"
  2. "wa”は接続詞
  3. 英語の"say"と同様、一般的な動詞
  4. 言葉によって、神が天地を創造された事を示す
  5. ヨハネ1:1-3, ヘブル1:3から、「言葉」は受肉前のメシア

「光」という言葉の意味

  1. 創世記1:3が第二コリント4:6で引用(参照?)されている
  2. 文脈的に、この「光」は神の栄光と考えても良いと思う
  3. 太陽はまだ創造されていないので、太陽光ではない。
  4. 混沌とした世界に、一つの秩序が生まれた。神は秩序なる神である。

この箇所に関するトピックス

創造の方法について

神は天地創造において、「言葉」によって実際の創造を行った。「言葉」は後にイエスキリストであると啓示された。

創造において、三位一体の神がそれぞれどのように働いておられるかと言う議論は、非常に難しいと思う。しかしながら、三つの位格すべてが創造に関わったというのは、おそらく間違いではないと思う。

感想

いよいよ天地創造が始まった。私たちは、この天地を創造された神を信じ、そのお方を「我らの父」と呼んでいる。これはすばらしい祝福だと思う。

創造の過程を学ぶことによって、神は実に秩序だったお方だと再認識している。このお方に身を委ねたならば、私たちの人生も秩序だった物になるのだ。

(相変わらずあまりまとまっていない文章だが、あえてそのままにしておく)

参考文献

  1. Bible Hub内の複数の注解書