読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

舞鶴に行ってきた

今日は、母教会*1舞鶴福音教会に行ってきた。

母教会へ行くのは、これが多分3ヶ月ぶりくらいだと思う。最近ご無沙汰してた。

舞鶴という地は、僕にとって、様々な思い出がある地だ。いい思い出もあるし、嫌な思い出もある。

その嫌な思い出と言うのは、今でも思い出にできていない側面もあり、非常に微妙な感覚である。

とは言え、舞鶴に行くのがどうしても嫌というほどでもない。

前置きはこのくらいにして、今日のことを少し話そう。

日舞鶴福音教会に行ったのは、もちろん礼拝が目的ではあるけど、午後にあるチャリティーコンサートもお目当てだった。

今年のコンサートは、工藤篤子*2さんをゲストに迎えてのコンサートだった。彼女はソプラノ歌手で、とにかく声がすごい*3

ソプラノ歌手の歌声を間近で見ることは、そうそう無いので、とても良い機会だった。

彼女の歌声はもちろんであるが、信仰の姿勢もとても素晴らしかった。
彼女の信仰は、神概念のバランスも良いし、神学的な理解も確立されている*4

それでいて、彼女の信仰は情熱的で、イエスへの愛と献身の思いに満ちていた。

僕は、日本人クリスチャンに、こんな感じ*5の人がもっと増えればいいなと思っている。

そういう僕自身も、果たして神の栄光を切に、第一に求めているか?と、今神様に問いかけられた気がする。

どうだろうか。

まあ、この問に対する答えは、じっくりと検証してみる必要があると思う。

今日はそんな日だった。
あと、寿司がうまかった*6

今日も良い一日だった。

f:id:kamotti92:20161218205518p:plain

*1:洗礼を受けた教会のこと

*2:工藤篤子ワーシップ・ミニストリーズ

*3:詳しいことは専門ではないし、調べて書くのも面倒なので、気になる人は各自調べていただきたい。

*4:彼女は伝道師をされていたようなので、それは当然といえば当然なのだが。ただ、日本の牧師に ありがちな聖書理解のアンバランスさがなかった(これは牧師批判というより、率直な感想を述べただけである)。

*5:ある程度の神学的土台のある、強い信仰を持ったクリスチャンのこと。あるいは、神という絶対者を明確に意識して、自分の生活がどうこうと言うよりは、ただ神の栄光を求めるクリスチャンのこと

*6:帰りに回転寿司で食事をした。いつもの外食よりちょっと高ついたが、美味しかったので予算オーバーについては不問とする。