読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

K480レビュー

雑記 趣味

f:id:kamotti92:20161218210438p:plain

少し前に、LogicoolのK480を買った。

このひとの凄いところは、Bluetoothのペアリングが3つまで登録できるところだ。
複数登録できるといえば、昔、ソニエリのMW600*1というひとがいたなあ。

彼にもだいぶお世話になった。
今はBluetoothオーディオ自体あまり使わないので、出番は少ない*2

おっと。MW600の話をしすぎた。K480さんの話に戻ろう。

K480のもう一つの良い点は、Mac, Windows, iOS, Androidに対応している点だと思う。

ここでの対応していると言うのは、単にペアリングできるだけでなくて、キーがそれぞれのOSに対応していることを言う。

つまり、キーボードの刻印どおりに文字が入力できるということ。
これって当たり前なんだけど、結構蔑ろにされやすい。

対応を謳ってるキーボードでも、中途半端な対応の場合が多い。
それに比べて、この子はすごい。本当に、刻印のまま入力できる。

複数PCでキーボードを共有するだけなら、Synergy*3やShareMouse*4で十分だけれども、複数OS間で共有する場合、一筋縄ではいかない。

Synergyはキーマップがおかしくなるし、ShareMouseはきちんと打てるものの、WindowsMacのキーボードを使う設定が非常に面倒くさい。

まあ どちらも頑張ったら改善できるけど、K480買ったほうが早いよね。

肝心のキーの感触については、やや固めだけどまあ許容範囲内。
あと、カタカタうるさいので、スタバでドヤ顔したり深夜作業には向かないと思う。

そもそも重いので、あまり持ち運びには適さないと思う。
軽量化できるらしいけど、未確認。

とにかくそんなに高くないので、複数のOSを同時使用している方は、一台くらい持ってて損は無いと思う。

個人的には、結構おすすめです。





*1:MW600 | アクセサリー | ソニーモバイルコミュニケーションズ

*2:iPhoneの新しいやつには、イヤホンジャックがない。もしこれに変えるなら、彼が再び日の目を見る時が来るかもしれない。そのときに、彼の電池が生きていればだが...

*3:Synergy - Mouse and keyboard sharing software

*4:Share Mouse and Keyboard with multiple Computers