読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

ASUS EeeBook X205TAを購入した

今日から、実家に帰省しています。

帰省の際、たまたまiPhoneのライトニングケーブルを忘れてしまい、近くのヤマダ電機に買いに行ったのですが、それが運命の出会いだったのです。

私は、出会ってしまったのです。真っ赤で、小さなこのパソコンに・・・。

そういうわけで、ASUSE EeeBook X205TAを購入してしまいました。

ASUSといえば、かつてEee PCを世に送り出し、一部のユーザーに(特にLinuxユーザー)好評を博しました。

当時のEeePCは、お世辞にも使いやすいパソコンと言えず(ストレージが4GBしかなく、Windowsの動作が恐ろしく遅かった)、放り投げたくなるようなPCでした。

しかも、画面の解像度が800×400で、XPの必須条件を下回るものでした。

こんなパソコンでも、当時はその小ささに魅了され、様々な手を尽くしてなんとか実用に耐えるまでに改造したものです。

私も御多分にもれず、初代EeePCを入手した後、Linuxをインストールする等してレポート作成に使用していた時期があります。正直言って、使いにくかったですが。

そんな思い出があるASUSのモバイルPCですが、時代は変わり、今ではずいぶんと良くなったものです。

今回購入したPCは、CPUがなんとクアッドコア(もちろん、一コアあたりの性能は低いですが)のAtom 37358Fで、メモリは2GBです。初代EeePCCeleron Mの900MHz, メモリが512MBだったころからすると、かなりのハイスペックです。

ストレージは、64GBのeMMCで、SSDほどではありませんが高速です。

実際、ブラウジングくらいなら、もたつきを感じることはあまりなく、特に問題なく使えます。

そして何より、この本体色です。X205TAには、本体色としてレッドがあるのです。

赤といえば、例の赤い彗星です。隊長機ですよ。

今回の購入は、この本体色に一目ぼれしたと言っても過言ではありません。

とにかく、この買い物は良い買い物だったと思います。キーボードも打ちやすいし、言うことなしです。

軽くて安いモバイルPCをお探しなら、このマシンはぜひおすすめです。

ほんとに、いい買い物だった。神様に感謝です。