Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

推し、燃ゆを読んだ

最近話題の推し、燃ゆを読んだ。

芥川賞受賞作品は、昔から気が向いたら時々読んでいるのだけれど、今まであまり良さがわかっていなかった。

ちなみに、芥川自身の作品としては、奉教人の死が一番好きだったりする。

自分は文学については門外漢であるので、今回の推し、燃ゆが文学的に優れているかどうかとか、そういった小難しい話はできない。

ただ、好きな作家とか文体から言えば、いわゆる近代文学と呼ばれているような分野が当てはまるので、芥川賞には昔から興味はあった。

とは言っても、本業はバリバリ工学系の仕事だし、日常的に書いたり読んだりするのは極めて論理的で、悪く行ってしまうとつまらない文章であって、芥川賞を受賞するような文学作品を読む機会はなかなか無い。

今回、そんな重い腰を上げて読んだ「推し、燃ゆ」だったが、結果的に読んでよかったと思っている。

いわゆる、アイドルの「推し」を追っかける女子高生を取り扱った部分も、斬新で確かに面白いけれども、それ以上に文体が非常に心地よかった。

純文学と言えば、人生のいろいろなことについて思い悩み、色々と書いてみたような内容が多いわけだが、今回のテーマはそういったある意味悠長な物ではなく、もっと切羽詰まった物であったように思う。

あかりは趣味とか「好き」という気持ちだけで推しを追っかけていたというよりは、生き方が定まらない自分を、推しを追っかけることによって唐牛で支えているといった感じなのだろう。

だから、友達が推しを乗り換えたことが事実としては理解できるけれども、自分のこととしては受け入れられない。そんな気持ちを感じる。

そんな推しが燃えてしまって引退してしまうのだから、あかりは生き方を見失ってしまうのである。

最後のシーンに、綿棒をぶちまけて拾うシーンがある。あかりの部屋は汚く、綿棒をぶちまけて拾う以外にやることが沢山あるが、どこから手を付けていけば良いのか分からず、そのストレスもあって綿棒を投げたのではないかと思う。

片付けが楽なことをやって、その後始末を自分でやる。あかりが推しを追うという行為は、あかりにとって現実逃避で、本人もそれが分かっていたのかもしれない。高校の勉強や就活といった、やらないといけないことは、小説の最後に記されている部屋の汚さであり、片付いていない洗い物の数々なのかもしれない。

なんだか自分に似てるなと思ったので、この小説は結構気に入った。

ワケガワカラナイヨ

キュウベエの気持ちが若干理解できた気がする。

どうも自分は、自他問わず論理的に破綻していることに対して非常にストレスを感じるらしい。

気持ちを汲むとかあんまり得意じゃないというか、できないので、無理はしないでおこう。

それにしても、この気持の悪さに対して、どう対処するかは重要な懸案事項のように思う。

Chrome bookほしいかも

新年新年一発目からなんだかなって話だが、Chromebookがほしいかもしれないと思ってきた。

C233NAという、またなんとも微妙なChromebookが気になってきた。

スペックがCeleron N3350という見事にアレなCPUで、Windowsならまず買わないであろうスペックだ。

ROMも64GBで、解像度もHDという、どうすんのこれみたいなスペックだわ。

分類的には、このまえ買ったE210MA(思い出して今それでブログ書いてる)もまあ似たようなスペックなんだけど、Chrome OSになったらどれだけ快適に動作するんだろうか。

E210MAも、まあ遅いけど致命的に遅いというわけではないし、キーボードも打ちやすい。

こうやって色々と書いてると、なんか買っちゃいそうだな。気を紛らすためにちょっとスペックとかまとめてみるか・・・。

と思ったけど、やっぱりこのノートしょぼいな。

うーん。明日のAmazon初売りセールで様子見よう

2021/01/02
今見てみたら、LenovoのS330ってモデルが16800円くらいで売ってる。うーん。この価格帯は非常に気になるが、サイズが14インチってあたりが頂けない。

単純にデカイよなぁ。これ買うなら電子部品揃えたいな。やっぱやめよ。

代わりに電子部品とArduinoを購入した。色々と遊びたい。

今年も終わり

今年ももう終りが近づいている。
一年あっという間だったなと思う。

今年は、自作の生産管理システムが本格稼働したり、自分の課以外の現場で生産管理システムを導入したりした。

傍から見るとつよつよエンジニアに見えたかもしれないが、個人的にはこの一年であまり技術的な成長はなかったように思える。

もちろん、PHPJavaScriptについてはある程度詳しくなったとは思うが、今風の技術的なトレンドは追えていない。もういいかなって、一瞬思っちゃったんだよね。

実績ができて、企業である程度生き残れそうな気がしてきたら、なんかもうそれでいいかなと思っちゃうんですよ。
以前、高専で色々してたときもそんな感じだった。

でも、それじゃだめなんだよな。今の状態が続くとは限らないし、何より自分がそういう状態にあるときにあまり気分が良くない。

ここでは度々口にしているような気がするが、段々と技術者ではなく、管理職側の人間になりつつある自分に戸惑いを感じている。
来年は、もっと技術寄りの活動を増やしていきたいなと思う。

教会が忙しい

最近、教会役員になってしまったので、毎週土日が結構忙しい。

まあ、教会に行ってなくても地域の行事とかで、田舎住まいというのは結構忙しい。

田舎でのんびり隠居暮らしとか、どう考えても幻想なので上条さんにぶっ壊してもらってください。

近所付き合いが無いような限界集落に行っても、今度は生活するだけで大変になるし、まあ生きるってのは大変なんですよ。

最近、本業や教会の仕事やらで責任がどんどん増えてきて、なんというか精神的に疲弊してるなと感じる事が多くなってきた。色々と気に入らないことや、ムカつく事もあるけど、いろいろなしがらみから簡単に口にできなくなってきている。非常に窮屈だ。

まあ、大人というのは多分そういうものなんだろう。

自分のスキルが活かせる方法を考える

最近、感じるんですよ。技術者としての限界というか、技術だけを追い求めることの限界を。

実際のところ、今の仕事はバリバリのエンジニアとしてのキャリアとは言い難い。

確かに業務の傍らシステム開発を行っているが、それもなんというか見様見真似みたいなものだし、モダンな開発方法でないことは確かである。

テストなにそれおいしいのみたいな開発方法だし、まあGithubでバージョン管理してるだけマシと言った程度である。

そんなことは無いよと言ってくれる人も居るとは思うけど、それはとりあえず動く成果物を見て言ってくれてるのであって、中身は辛うじて体裁を整えてあるレベルのお粗末な物なのである。

こんな状況なので、もう私は純粋にソフトウェア開発やハードウェア開発だけで食っていくことは無理だと考えている。

しかしこんな私にも、「食いつなげる」独自性を出す道はまだ残っている。それが、電子回路基板製造業での現場管理経験と、生産管理システムや業務改善ツールの作成経験である。

今のところ、今の会社を追い出される様子はないので安心しているが、いざとなったら独立して生計を立てなければならない。そうなったときのことを考えて、常に自分の生存戦略を考えておかないといけないと思っている。