読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

創世記1:2

地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。(口語訳)

地は茫漠として何もなかった。やみが大水の上にあり、神の霊が水の上を動いていた(新改訳)

And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. And the Spirit of God moved upon the face of the waters.(KJV)

ワードスタディー

文脈

Gap Theoryを採用するなら、1節から一定時間が経った後の、地上の状態。

先頭の接続詞について

  1.  原文: "wə·hā·’ā·reṣ,"
  2. "wa"の訳出方で、この節の意味づけが大きく異なる
  3. KJVはAnd, NIVではNowとなっている
  4. Gap Theoryに立てば、Nowと訳出するのが妥当。Nowは「さて」とでも訳せば妥当か

地の状態を表す動詞の意味

  1. 原文:"hā-yə-ṯāh"
  2. wasとも訳せるし、becameとも訳せる(らしい
  3. Gap Theoryを採用するなら、becameと訳出するのが妥当

「茫漠として何もなかった」という言葉の意味

  1. 原文:"ṯō-hū wā-ḇō-hū"
  2. ほぼKJVの意味で問題ないと思われる
  3. voidといえば、プログラマーには通じるはず...
  4. Isaiah 34:11; Jeremiah 4:23に同じ用例
  5. イザヤ34は終末時代の裁きの預言
  6. エレミヤ4はヨシヤ王時代の託宣で、裁きの預言
  7. どちらも裁きとして用いられている

「やみ」という言葉の意味

  1. 「光」が定義されないと、闇は定義されない
  2. 闇を創造した訳でもない(あるいは、闇は光の副産物である)
  3. 光に対する闇と言うよりは、光がない状態を仮定しているのでは?
  4. イザヤ45:7が興味深い。
  5. ここの解釈は、神が悪を創造されたのかどうかと言う議論に使えるのではないか。

「大水」という言葉の意味

  1. 「水」という意味と「深い・深遠なところ」という意味を含んでいる
  2. 一般的には、海をあらわす単語
  3. 堕天と地の堕落の後、地上は海で覆われていた?(聖書において、海は罪の象徴 黙示録13:1, 21:1。ただしこの時点で罪について言及しているかは、なんとも言えない)

「神の霊」という言葉の意味

  1. 原文 "wə-rū-aḥ"
  2. 「神の息」が直訳
  3. これが、キリスト教における「三位一体」の第三位格である「聖霊なる神」だと結論づけるのはやや強引
  4. The word for “wind,” Heb. ruaḥ, Gr. πνεῦμα, Lat. spiritus, was accepted as the most suitable term to express the invisible agency of God. In consequence, it is sometimes difficult to decide whether the word is used literally in its meaning of “wind” or “breath,” or metaphorically in its meaning of “spirit” as the symbol of the invisible operation and influence of the Almighty*1. らしい(適当でごめんなさい)。

「水の上を動いていた」という言葉の意味

  1. 「上」と言うことは、水とそうではない部分との区別がある
  2. 天と地の区別の名残?
  3. 「動いていた」という部分の原文には、鳥が飛び回るイメージがあるらしい

この箇所に関するトピックス

Gap Theoryの妥当性

これは非常に主観的な考えであるけれども、こうやって一語一語丁寧に学んでいくと、Gap Theoryを導入しないとつじつまが合わない部分がある気がする。

特に、水があったこと。水とそうでない部分との区別があったという点は、創造が「無から有」であることを前提とする場合、説明がつかない。

感想

膨大すぎて、理解するのに苦労した。昨日も書いたけど、非常に地道な作業だ。

しかしながら、とても恵まれる。感謝だ。

参考文献

  1. Bible Hub, Barnes' Notes
  2. 中川健一, "ハーベストタイム東京定例会 創世記2-3 アウトライン", 2008.