読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

無力さを乗り越えて

私は今、統合失調症を患っている女性とお付き合いをしている。

統合失調症とは、幻覚や妄想という症状が特徴的な、精神疾患である。彼女は、もう数年この病気と闘っている。

統合失調症の症状には、陽性症状と陰性症状の二種類がある。

陽性症状とは、幻覚や妄想といった、よく「統合失調症の症状」として扱われる症状である。陽性症状と言っても、聞こえないはずの声が聞こえたりする幻聴や、見えないはずのものが見える幻覚、他人が自分を悪く言っているように思ってしまう被害妄想など、様々である。

この陽性症状は、服薬によって多少は抑えられるとされている。もちろん、症状の残存はあるようだが。

陰性症状とは、感情の起伏が乏しくなる「感情鈍麻」や、自閉などの症状である。統合失調症というと、どうしても陽性症状が取り上げられがちだが、陰性症状も無視できない。

むしろ、陰性症状の影響で、社会復帰が遅れるということもありうる。

もう一つ、見落とされがちだが「認知機能障害」なる障害が発生することがある。

認知機能とは、知的な能力を指す。この部分に障害が残り、日常生活に困難さを覚えることもあるようだ。

このように、統合失調症という病気は、あらゆる症状の複合体である。

私は彼女とお付き合いし始めた頃、統合失調症という病気を軽く考えていた。なぜなら、彼女が全く普通の人のように見えたからである。

でもそれは、彼女が無理をしていただけだった。お付き合いが深まっていく毎に、私は統合失調症という病気の難しさを目の当たりにした。

私たち人間は、病に対してあまりにも無力だ。特に精神疾患に対しては、ほとんど対処療法しか持ち合わせていない。

私自身も、メビウス症候群という障害を抱えながら生きている。この障害も、非進行性ではあるけれど、根本的な治療法はない。あるとすれば、対処療法のみである。

私たちは、どうしてこうも無力なのだろうか。

この無力さは、神という存在がなければ、解決できない問題だと思う。

もし、神が存在して、その神が天地万物を創造されたお方であったとしたらどうだろう。

もし、その神が人間という存在を、愛をもって創造されたとしたらどうだろう。

もし、その人間が神に背き、罪を犯し、この世に罪が入ったとする。

もし、神がその罪を解決するために、最も愛する独り子を身代わりとして十字架につけて、罪を赦すと言われたらどうだろう。

聖書には、この「もし」が、事実として記されている。

この無力さ、解決できない山積みの問題が、すべて罪の結果だとしたら。

そしてその罪を、イエスキリストが身代わりに負ってくださり、私に罪の解決を与えてくださったとしたら。

これこそが、無力さの解決である。

これこそが、無力さを乗り越えた先にある、希望である。

全てに対する解決は、今は与えられないかもしれない。それでも、私達を救うために身代わりになってくださるほど愛してくださったお方が、その解決なのである。

無力さを乗り越える突破口は、ここにある。

神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。

ヨハネ3:16