Joy to the world

とある中小企業のしがない技術者でクリスチャンな人が書く日記。実はメビウス症候群当事者だったり、統合失調症のパートナーがいたりする。

iMac mid2010で、Win10とSierra をデュアルブート

備忘録のためのメモ。

 

iMac mid2010は、公式ではWindows10 をインストールできないことになってる。

 

ただどうも悔しいので、頑張ってインストールすることにしてみた。軽い気持ちで始めたけど、正直辛かった...

 

今回の方針としては、BootCampを使わずに、UEFIブート構成でインストールする。BootCampではインストールできないことになっているので、使うとかえって難しくなる(というか無理)。

 

ドライバについても、ほとんどWindows Update で入ってきたので事足るので、特に用意する必要はないと思う。

 

というか、Windows入れた後の事は忘れた。試行錯誤して、どうにか使えるようにしてください。

 

インストール手順

はじめに断っておきますが、これからMBRぶっ飛ばしたりするので、データのバックアップはしっかりとっておいてください。

 

あと、参照先のコマンドをコピペしない方がいいです。間違えてMBRぶっ飛ばしても、僕は知りません。

 

  1. Sierraのインストールディスクを作っておく
  2. インストールディスクかインターネットリカバリーで起動して、コンソールに入る
  3. y2blog » Mac EFI環境下でのWindowsのインストール を参考に、MBRをゼロクリア(この時点でパーティションテーブルが消えるので、当然中身も見えなくなる)
  4. Sierra のインストーラを起動して、パーティションを切る(Journaling HFS+で、Windows用のパーティションも一応切っておくと良いかも)
  5. Sierra をインストー
  6. WindowsEFIモードでインストー
  7. rEFIndをインストールして、デュアルブート終わり

 

感想

素人が手を出すものじゃ無いな。

MacでSubversion環境を整える(序論)

はじめに

普段パソコンを使う人なら、ファイルのバージョン管理をしたことがあるはずだ。

バージョン管理と書くと難しそうに見えるが、要するに

 企画書_20170502.doc
 企画書_20170503.doc
 企画書_20170504.doc ...

こんな感じで、作業に進捗があった毎にファイルを新しくするのも、言ってみればバージョン管理なのだ。

さて、この方法を採るとすると、どのような問題が生じるだろう。

まずはじめに挙げられるのが、煩わしさだ。作業が進む毎に同じようなファイルが増えて、煩わしくて仕方がない。
そのうちめんどくさくなって、こんな状態になるかもしれない

 企画書_最新.doc
 企画書_最新(2).doc
 企画書_最新版修正.doc ...

こうなってしまうと、もはやどれが最新版なのかさえわからない。

次に挙げられるのは、複数人での編集の困難さだろう。
例えば、A,B,Cの3人で共通のファイルを編集することを考えよう。

命名規則

     [ファイル名]_[タイムスタンプ]_[編集者(編集毎に追記)].doc

とし、タイムスタンプが最新のファイルを最新版だとすると

    企画書_201705122130_A.doc
    企画書_201705122130_AB.doc
    企画書_201705122130_ABA.doc
    企画書_201705122130_ABAC.doc

となり。とても管理しきれなくなることがお分かりいただけるだろう。

最後に挙げる問題点として、差分の比較が煩雑な点が挙げられる。
これは最初の問題点と本質的には同じであるが、変更履歴がわかりにくいため、直前のバージョンとの比較を行うことに非常な労力を要する。

このような状態を回避するためのシステムが、「バージョン管理システム」なのだ。

バージョン管理システムの種類

近年よく使われているものは

が有名だろう。

両者の違いについては

tracpath.com

などが詳しいので、詳細について気になる方は参照されたい。

端的に説明すると、リンク先にも書いてあるように

と説明できるだろう。

Subversionは集中型なので、「サーバーにあるデータが最新版。ローカルはあくまで作業コピー」という、単純明快な運用ができる。

それに対して、Gitはサーバーにあるリポジトリをローカルにダウンロードして、作業の反映はローカルリポジトリに反映。その後開発者が時期を見て、サーバーにpushするという方法を採る。

つまり、Subversionはコミットがすぐ共通のリポジトリに反映されるのに対して、Gitはpushするまではサーバーに反映されないのだ。

したがって、Gitならたとえ動かないコードでも「とりあえずローカルリポジトリにコミットする」という運用ができるが、Subversionでは、せめて「とりあえず動く」コードをコミットしないと、他の人が迷惑してしまう。

このように、両者には一長一短があるので、プロジェクトの規模や管理方法に応じて、適切な方を使えばよいだろう。

Subversionを使う理由

では今回、なぜSubversionを使うかというと、お一人様バージョン管理には最適だと考えるからだ。

筆者の職業はプログラマではなく、プリント基板の検査装置 (Teradyne Test Station) の維持管理・運用である。Test Staion*1については、以下を参照されたい。

www.teradyne.com


Subversionを使う主な理由は、業務で検査プログラムのバージョン管理を行うためである。

同じ部署で技術者は私一人なので、必然的に「お一人様バージョン管理システム」を運用することになる。
そのような運用を想定した場合、Subversionのような中央集権型のシステムはわかりやすく、管理がし易い。

なお、表題に「Macで」と書いているが、これは筆者の趣味であり、業務とは直接関係ない(Teradyne TestStationの制御コンピュータは、Windowsである)。

ただし、マランツの画像検査装置等、一部Macを制御コンピュータとして動作する電子基板検査装置もあるので、そういった場合には役に立つかもしれない。

とにかく、この記事はプログラマではないけれども、検査プログラムのデバッグやバージョン管理をしなければならない技術者に向けた記事である。

そのため、Apacheを設定して、WebDAVと連携させて..なんて面倒なことはせず、とりあえず動いて、バージョン管理ができるようになることを目標とする。

したがって、この設定のまま外部に公開するとか、多人数でリポジトリを共有するとか、そういった運用は避けたほうが良いと思う。

以上を踏まえて、次回からは、実際の設定に進んでいくとしよう。

*1:このTestStationという装置、驚くほど高価であるが、驚くほど多彩な検査が可能である。 日置や新電子等が販売しているインサーキットテスタとは、比べ物にならない(もちろん価格も)。

日々何かを作り続けるということ

最近、料理に目覚めてきている。

 

料理を作っていて思ったことは、何かを作るということの楽しさだ。

 

思えば、学生時代は色々なものを作っていた。最終的に役に立つかどうかは度外視しても、とにかく作っていた。

 

それがいつからか、作らなくなってしまった。

どうしてだろう。

 

多分、諦めてしまっていたんだ。

自分の作るものなんて、なんの価値もないと。

 

確かに、1回目の試作機には、価値がないかもしれない。でも、その試作を何度もやれば、価値あるものができるかもしれない。

 

自分の職場での立ち位置もあるかもしれない。

今は設備管理・維持と運用に携わっているので、あまりものを作るという仕事ではない。

 

でも、ちょっとしたツールを作ることはできるし、そうした方が業務も捗るだろう。

 

明日から、何かを作ることを心がけて、仕事に励みたい。

jw-k42f

f:id:kamotti92:20170504091705j:image

ハイアールのお一人様用洗濯機。

この人の特徴は、洗濯物を入れすぎるとすすぎっぱなしになってしまって、そのうちエラーで止まってしまう。

故障なのか仕様なのかわからないけど、しばらくはこのまま使うつもり。

 

結婚したら、もう少し大きい洗濯機にかえないとなあ。

 

それまでは、小分けにして洗おう。

ねぇ、秒速5センチなんだって

桜の季節だ。

桜というと、昔の話としては、舞鶴医療センター前の桜並木を思い出す。
最近では、教会近くの公園の桜を思い出す。

それと同時に、新海誠の「秒速5センチメートル」も思い出す。

そういうわけで、この投稿は、秒速5センチメートルを見ながら書いている。

このアニメ、何度見ただろうか。
それでも、見るたびに印象が変わるから不思議だ。

昔に見た時は、ただ貴樹が羨ましくもあり、そして意気地なしだとも思った。

彼は中学生時代の恋愛を引きずって、高校時代に想いを寄せてくれた人も、社会人になってからお付き合いした人も、傷つけてしまった。
僕はそんな彼が許せなかった。

彼はとんだ意気地なしだと。ひどいやつだと思った。


でも、今になって見直してみると、僕は貴樹を責めることができない。
終わり方がまずかったんだ。

彼は、明里に渡すはずだった手紙を渡し損ねた上に、明里に「貴樹くんは、きっとこの先は大丈夫だと思う」なんて別れ際に言われたものだから、引きずるしか無い。

貴樹にとっては、明里が居なければ「大丈夫」ではないのだ。転校が続いた貴樹にとっては、明里という存在が支えだったのに、その彼女に「きっと大丈夫だと思う」なんて言われたら、どうしようもない。

明里は前を向いて、もういっしょに人生を歩むことのない、貴樹との関係を過去のものにしようとした。そして不器用なりにそのことを伝えようとしたけれども、貴樹は気が付かなかったか、あるいは受け容れられなかった。

ここに、この物語の核心があるのだと思う。

区切りをつけれた明里は、新しい地で新しい人生を歩み出す。貴樹は薄々そのことに気が付きながらも、過去を過去とすることができない。
彼にとっては、もう明里がどう思っているかなんて、どうでもいいのかもしれない。ただ、明里との思い出を過去にできないでいるだけなのだ。

彼もこのことがわかっているし、周りを巻き込んでいることもわかっているけど、でも先に進めない。
そういうもどかしさをうまく表現している点が、秒速5センチメートルの素晴らしさだと思う。

更にこの作品の素晴らしいところは、終わり方が良い点だ。

一般的な解釈としては、長年思い続けた明里は結婚しようとしているけど、貴樹は踏切ですれ違ったような気がする明里を見て、やっと踏ん切りをつけられただけ。彼女とも別れて、仕事も辞めて何もない。そういう鬱エンドと解釈される事が多い。

しかしながら、先程述べたように、貴樹が「貴樹くんは、きっとこの先は大丈夫だと思う」ということばを引きずっていたとしたら、これほどのハッピーエンドはない。

彼は明里との思い出から開放されて、今を生きることができるようになったのだ。最後の場面の貴樹の顔の、なんと穏やかなことか。

春という季節は不思議で、昔のことを色々と思い出す。
ある程度の年数を生きていると、昔の思い出が足かせになることが度々ある。
でも、昔の思い出に縛られることなく、常にいまを生きていたいものである。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いものは過ぎ去った、見よ、すべてが新しくなったのである。

第二コリント 5:17

いじめの被害者の気持ち

togetter.com

こんなまとめを目にした。

僕自身もいじめに遭ったことは何度かあったので、この話に出てくる女性の気持ちは、なんとなく察することはできる。
僕も、当時いじめられてた人に遭ったら、こんな風になるかもしれない。

でもまあ、僕の場合は、いつも正当な手段で仕返ししてたから、そうでもないかもしれない。

今いじめに遭ってたり、パワハラに遭ってたりするような人は、勇気をもって、相手に対して社会的な制裁を与えるべきだと思う。

不義を放置していてはいけないし、不義をはたらく者には、それなりの社会的制裁が与えられるべきだ。

ただし、やり方はスマートでないといけない。

そんなことを思った。

ネットワークの負荷分散

プロバイダーをぷららにして、一日が経った。

平時は100Mbpsそこそこで問題ないのだけれども、土曜日の20時〜24時ごろが激遅だった。
実測値にて500Kbps。ADSLより遅いんだが。

画像を表示しようとしても、上からゆっくり表示される。
ギガビットな光はどこに行った。。。

そういうわけで、解決方法を色々と模索したところ、
ダブルルートオプションなるものが存在することを知った。

www.plala.or.jp

とりあえずこれに申し込んで(月額400円くらい?)
IIJの方を使うこともできるようにした。

本来この機能は、ぷららゲートウェイが死んだときに
IIJに自動的に切り替えることによって、ネットワークダウンを回避するための機能。

ただそれの応用として、もしかしたらぷららが混雑してるときに、IIJに切り替えたら
多少は輻輳状態がマシになるかもしれないと考えた。

そういうわけで、今回は次のようなネットワーク構成を構築してみたわけです。

ようするに、メイン回線はぷらら無線LANルーター経由で使う構成で、速度低下時の
バックアップ用として、IIJ回線をiMacから直接PPPoE接続できるようにした。

とりあえず、この構成で様子を見て、今後の対応を考えようと思う。

ぷららは結構安いので、できればプロバイダーを変えずに(工事料金も残ってるし)
運用していきたいなあ。

これでも改善が見込めなければ、とりあえずsquidでキャシュサーバーを立てるくらいは検討している。
あんまり意味もない気がするけど。

色々といじってみるのは面白い。